位階配合の仕組み

ドラクエモンスターズ2のイルとルカの配合で基本となるシステムが「位階配合」。
ここでは、その位階配合のシステムについて説明する。

位階配合とは

まず、ドラクエモンスターズ2では、モンスターごとに、そのモンスターに定められた「位階」と呼ばれるポイントが存在している。
基本的には上級のモンスターほど位階が高い。
配合することにより、この位階を現在より高いモンスターにしたり、異なる系統にすることができるのが位階配合と呼ばれるシステムだ。

まず、位階配合には、同じ系統同士を配合させる「同系統配合」と、異なる系統同士を配合させる「異系統配合」の2種類がある。

同系統配合

同じ系統同士で配合するのが「同系統配合」。
同系統配合では、配合してできる子供は必ず親と同じ系統のモンスターが誕生し、親モンスターの位階が高い方のモンスターより、1ランク位階が高いモンスターが誕生する。
必ず位階が親より高いモンスターが誕生するが、誕生する子供の候補は1種類のみ。

異系統廃合

異なる系統のモンスター同士を配合するのが「異系統配合」。
異系統配合では、3種類の子供の候補ができる。

まず、親にする2種類のモンスターのそれぞれの親の系統で、位階が親よりも1ランク高いモンスターがそれぞれ候補となる。(これでまず2体)
また、3体目の候補として、下記表を元にして決定した系統のモンスターで、位階が低いほうの親の位階ポイントよりも1ランク高い位階のモンスターが候補となる。

スライム系 ドラゴン系 自然系 魔獣系 物質系 悪魔系 ゾンビ系
スライム系 - 物質系 ドラゴン系 ゾンビ系 悪魔系 ゾンビ系 魔獣系
ドラゴン系 物質系 - 魔獣系 物質系 悪魔系 ゾンビ系 スライム系
自然系 ドラゴン系 魔獣系 - ドラゴン系 魔獣系 スライム系 悪魔系
魔獣系 ゾンビ系 物質系 ドラゴン系 - 自然系 ドラゴン系 物質系
物質系 悪魔系 悪魔系 魔獣系 自然系 - 自然系 スライム系
悪魔系 ゾンビ系 ゾンビ系 スライム系 ドラゴン系 自然系 - 自然系
ゾンビ系 魔獣系 スライム系 悪魔系 物質系 スライム系 自然系 -

<上表>異系統配合で3体目の候補として派生する系統表

Return to page top